カードローンを作るにあたり、会社によっては収入がない専業主婦や無職の人でも審査が通るところがあります。例えば専業主婦であれば、ご主人の同意書などがあれば良いというわけです。けれどもオリックス銀行の場合には、カードを作る名義人に安定収入があることが絶対条件となります。返済をするのは名義人本人とするので、これは至極当たり前のことです。もちろん無職の人もカードを作ることはできないことになります。一見これは厳しいようにも思えますが、お金を貸す側としては少しでもリスクは回避する必要があります。逆に言えば、ある程度のリスクを負う会社の場合は、そのリスクを他の加入者に分担させていることになります。具体的には、金利を高めに設定することによって、未回収となる融資が生じたとしても、その分を他の加入者から回収していることになるわけです。その点では、オリックス銀行の場合あくまでも融資する相手に返済能力があるか否かをきちんとチェックすることによって、そのような負担を負わせることは回避しているのです。そもそも年収が無いのにお金を借りることはできないのは当たり前のことです。専業主婦でも自分で自由に使えるカードローンが欲しいというのであれば、パートでも良いので勤めることが必要です。もちろん借り入れができる上限額はある程度の限定されます。けれどもきちんと返済を続けていれば、その上限額は増額することも可能となるので、まずは安定収入を得ることが先決です。
オリックス銀行カードローン審査の傾向と対策【まとめ】はこちら